マンション管理で利用者から好評のトーシンパートナーズの魅力を紹介

積み木と紙幣

空室を抑えることが可能

トーシンパートナーズは単身者向けの投資用マンションに注力している会社です。物件は立地にこだわり、TOsシステムとしてトーシンパートナーズグループで取り組みをしています。これにより入居率98%以上という高い入居率を実現しています。

管理システムが充実

積み木

トーシンパートナーズは東京都武蔵野市に本社を構える不動産業者で、不動産投資いわゆるマンション経営に力を入れています。トーシンパートナーズはマンションの物件販売・物件設計を行い単体で200名以上、不動産管理や入居者フォローを行うグループ会社のトーシンコミュニティは80名程度の従業員を抱えており、グループとして300名近い従業員がいます。マンション経営はこの低金利の中で資産運用や老後の年金補完の手段として注目されている上に人気となっています。トーシンパートナーズはフェニックスという単身者専用のマンションを駅に近い立地で発売しましたが、20年以上経過しても入居率が98%以上あり選ばれるマンションとなっています。現在はzoomというブランドマンションを同じく展開しています。このようにトーシンパートナーズは高いクオリティを持ったマンションで独自性を打ち出していますが、資産価値を保つ為の管理にも手を抜きません。設備管理や点検、清掃から管理組合の設立までを担っており、さらに購入後のアフターフォローも徹底しています。トーシンパートナーズはTOSシステムというグループでの管理システムを展開しており、管理戸数は9000戸を超えています。そこで業界トップ水準の入居率を保っていますが、家賃滞納保証会社を利用した審査を行う事でオーナー向けには管理代行システムと借上システムの2大システムを運営する事で評判を得ています。

不動産投資で高評価の会社

サラリーマンでも可能な不動産投資としてワンルーム投資があります。投資者の評価が高いのがトーシンパートナーズです。都心部に強いので入居率の良い物件を確保できます。また管理部門の子会社と連携してサポートするので、管理体制も万全です。トーシンパートナーズのマンションは構造設計や設備のクオリティも高いです。

頼れるパートナーです

不動産投資をするためにワンルームマンションを探しているのであれば、トーシンパートナーズに物件の紹介をお願いしてみましょう。中古物件の仲介はもちろんのこと、自社ブランドのマンション開発も行っているので、新築物件の情報も得られます。